9月に12.2にアップデートされて特にNative版は多大な恩恵を受けました。
HDのみで使えたプラグイン17種類を使えるようになりました。(サポートプラン加入が条件)

ちなみに以下のプラグイン

protools12.2-1

(Rock Onさんのサイトから拝借)

これは大きなメリットですね。このプラグインをゲットできることでアップデートに大きく気持ちが動きます。

HDユーザーは上記にに加え以下のプラグインが利用可能とのこと。Pro Series plug-insが利用可能になることで65,000円分のメリットがあるようですね。

protools12.2-2

(Rock Onさんのサイトから拝借)

加えてNativeユーザーはHD特有の機能
・VCA fader
・アドバンスド・メータリング
・RAM Cache

が使用できるようになります。個人的にはアドバンスド・メータリングが気になります

オフィシャルサイトの説明動画(英語)
Masterで音圧に関係するRMSを見れるのは大きな利点ですね。

さらにはバージョン12.1でも以下の機能が追加されていました。

最大128 Audio Tracks
最大512 Instrument Tracks
Input Monitoring機能の追加
Copy to Send機能の追加
PFL / AFL機能の追加

HD特有の機能が使えるようになりNative版のメリットが増えてきました。
調べるほどどんどんアップデートのメリットが見えてきた印象です

protools_news_08

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

 

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/