WAVES MV2

例えばアコースティックギターのようにダイナミクスの差が大きい楽器の場合コンプをかけ音量をそろえることになると思いますが、強い所にコンプをかけ過ぎるとピッキングの生々しさが失われたりとコンプレッサーの弊害が出てきます。

その「ニュアンスを」残したまま全体の音量を上げるのがMV2です。

「音量の大きなところにはなにもしない・小さなところだけを自然に持ち上げる」ということが可能。

操作は非常に簡単で、左端のスライダーが「Low Level」、真ん中のスライダーが「High Level」です
Low Levelスライダーを上げていくと、音量の低いところだけが持ち上がります。これが、他にはない魔法のスライダーです。High Levelスライダーは一般的なマキシマイザーのように動作します。こちらは、下げれば下げるほど音圧が上がっていく、という動作です。

実用例としてはボーカルテイクの場合、MV2をかけてからボーカルライダーをかけると、かかりがよりなめらかになります。

またドラムループでキックが小さいと感じた場合Low Levelを上げると、スネア等に影響なくキックだけ持ち上がります。

waves_mv2-2

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/