WAVES PAZ Analyzer

ピーク・RMS値、ステレオポジション、周波数分布を測定出来るプラグインです。

ピーク値は、音のピークを表示します。最高値が0です
RMSは音の平均値、いわゆる音圧を表示します。
ステレオポジションは音の広がり
●52バンドに分割して各周波数の音量を波形で表示します。

宅録マスタリングにて使用する場合の使い方のコツとしては、

まず、参考音源をPAZで分析、同じような周波数波形になるようにEQ、マルチバンドコンプで調整
RMS値が同じになるようにL3等マキシマイザーで音圧アップ
ステレオイメージはS1 imager等を使って広がりを出す。というのが基本的な流れになると思います。

paz

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/