WAVES Kramer PIE Compressor

レッドツェッペリンやジミヘンドリックス等70年代クラシックロックサウンドのプロジェクトに関わった伝説的エンジニアEddie Kramer氏が好んで使っていたビンテージ機材のモデリング第3段です。
今回はコンプレッサーです。あまりメジャーでないけど史上最高と評価する人もいるPyeコンプレッサーを好んで使っていたようです。
あまり台数も生産されなかったので良いコンディションで残っている物が非常に少ない機材です。
WAVESのモデリング技術で後世に残るのはある意味文化的にも重要なことだと思います。

本来はバスコンプとして使われていました。SSLのバスコンプもそうですがトラックに使えることは贅沢だし、新しい物を生み出すきっかけにもなります。
Pyeコンプはソリッドステート(真空管じゃなくトランジスタ)です。また変圧器がフラットでなかったため10K 以上のハイ落ちが起こる部分も忠実にモデリングされています。

また Kramer Master Tape同様ノイズを加えアナログ感を演出する事も可能です。
「Decay」つまみは通常のコンプの「リリースタイム」と同じ働きをします。

kramer-pie-compressor

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

 

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/