Native Instruments MASSIVE

massive5

EDMを始め、ダンスミュージックでは欠かせない存在となったシンセです。
ダンスミュージックのベース、リードに特化した設計となっています。

●オーディオエンジンは独自のウェーブ・スキャン・アルゴリズムを使用し、最高の音質、柔軟性、コントロールのしやすさを謳っています。3つウエーブテーブル(オシレータ部分)には無数のトラックが含まれ、周波数、時間軸での調整が可能になりより複雑で個性的なな音作りを可能にしています。

massive1-2

●さらに85種類のモジュレーションオシレーターが搭載され3つのウエーブテーブルのシグナルを変えることが出来ます。

massive2-2

●MASSIVEの基本構成はビンテージアナログシンセと同じ減算式シンセシス方式です。加えて自由なルーティングを可能にし、信号の流れの様々な位置に2つのインサート・エフェクトを配置することができます。もちろんフィードバックさせたり、フィルターを通さないルーティングも可能なので、モジュレートした信号に直接サブベースを加えパンチを出すということも可能です。

massive3-2

●MASSIVE には2種類のステップ・シーケンサー・モードがあります。 Stepper はアナログ・スタイルな入力方法を採用しています。Performer の場合、それぞれのステップを個々に形成することができますので、高度なリズム構造に最適です。

massive4-2

以上機能をざっと紹介しましたが、元から入っている1300音に加え専門にMASSIVEのプリセットを作っているクリエイターが世界中にいるので(http://sonicwire.com/search?keyword=massive%20preset音色を分類して選ぶ使い方が良いのかなと言うくらいのモンスターシンセです。

参考ビデオ
https://www.native-instruments.com/jp/products/rel/category/massive/videos-sounds/

 

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/