Xfer Records SERUMWAVES CodexSteinberg HALion6に新たに新音源として搭載されたり、UVI Falcon音源システムの一部として搭載されたり、EDMやダンス系のクリエイターの間でウェーブテーブルシンセが今一番熱いシンセとして注目されています。

ウェーブテーブルシンセとは「波形テーブル上に1周期波形を複数並べ、キータッチや時間経過に応じて波形を順次切り替えて音色変化を実現する方式」(wikipediaより)

音を言葉で表現するのは難しいですが、この説明では音がさっぱりイメージできませんね。
ではSERUMの音を聴いてみましょう

最新のウェーブテーブルシンセの特徴

●波形の豊富さ
ウェーブテーブルをリアルタイムにコントロール可能
●様々なパラメータを使いリアルタイムで過激に音色変化が可能
●その音色変化を立体的に見ることが出来る
●2つのウェーブテーブルの組み合わせ
でより複雑かつ高度な音作りが可能(SERUM,Codex等)
●自分が用意した画像ファイルからWavetableが作成可能(SERUM v1.10b以降)

などが上げられます

 

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/