MIDI機能の強化

12.8.2のアップデートでPro ToolsはMIDIワークフローを加速しました。
(日本語で言うところのMIDI作業の流れを早く出来るようにしたという感じでしょうか?)

このリリースでは、DAW内での音楽作成をさらに容易にする数々の重要なMIDI機能強化が含まれます。

改良点としては、例えば、ペダルのマージを維持グリッドを使ったノート・ビューの動作CCでの作業キーボードやノートパソコンのキーボードによるMIDIとのやり取りMIDIとオーディオ間の基本的な編集や操作の安定化、などが含まれます。

左右矢印キー

この2つのキーは、MIDIエディターまたはノート・ビューのいずれかでノートを操作する時にとても便利です。左右の矢印キーを使って、前後のMIDIノートへ移動することができます。これまでは、次のノートへはタブキーを使用しました。グリッド/タイムラインで同時に実行されるコード、または複数ノートは、一番低いノートから高いノートへ移動し、逆の順番で戻ります。今後は、矢印キーを使って、前後へ簡単に移動することができます。加えて、シフトキーを抑えて右矢印を使うと、連続する複数のMIDIノートを選択することができます。
「MIDIでのタブ」の動作は、選択することなく次のノートオン位置へ移動します。

MIDI入力ディスプレイ

Editウィンドウのツールバーに、MIDI入力ディスプレイが表示されます。この新しいディスプレイでは、MIDIコントローラを使用して収録または再生しながらMIDIデータをコードまたはノートとして表示することができます。1つのノートは、3つの異なる情報:ノートの実際のピッチ、ノートのアタック・ベロシティ、リリース時のノート・ベロシティを提供します

 

MIDIレコード・クリップ

MIDI録音中、全てのMIDIクリップは赤く色付けされます。この機能強化により、録音中のMIDIとオーディオの見え方と感じ方に視覚的な整合性が生まれます。

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/