WAVES V-Comp

スタジオでの定番コンプレッサーNeve2254をモデリングしたプラグインです。
数多くのヒットレコードでこの音を聴くことができます。
ただ1968年から製造された機材なので良いコンディションで残っていることがかなり困難になっている機材でもあります。

NeveのEQ同様通すだけで音にパンチと温かみを与えてくれます。元はマスターバスリミッター/コンプレッサーで、マスターにインサートして能力を発揮しますが、トラックに使っても良い結果を出し、特にベースとの相性は抜群です。
ANALOGスイッチがついています、これでハーモニックディストーションを加えます。

WAVESのアナログモデリングの説明でハーモニックディストーションというワードが良く出てきますが
直訳すると高周波の歪、つまりは倍音成分の歪みですね。意訳するとアナログ感・あたたかみですかね?

V-Compの場合はトランジスタの生み出す倍音のモデリングで真空管とはまた違った音質です。

またリミッターとコンプレッサーが別個にありそれぞれのリリースを設定できます。(コンプのアタックは設定不可)リリースのAutoモードは入力の音量にに対してリリースタイムが変化します。

リミッターのアタックがFastとSlowしかないですが、コンプにはアタックすらないので贅沢言えません。このプラグインは男気あふれる使い方つまみをがぐりぐり回して気持ちの良い音を探すという使い方がアナログビンテージ機材の使い方だと僕は考えます。

v-comp3

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

 

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/