Native Instruments FLESH

flesh1

FLESH はプロデューサー、ミュージシャン、発明家でもある Tim Exile の最新作で、音声を電子シンフォーニーへと変貌させる独創的なパフォーマンスシンセです。

●リズミックなサンプルだけでフルトラックを作成

●スタジオやステージ上でハンズオンパフォーマンスが可能

直感的にメロディーをクリエイト

 

インスピレーションの源
FLESHは元の音源をダイナミックなベースラインや、リフ、メロディー、パッド等に拡張させることができます。優れた操作性とパフォーマンス機能により、スイッチ、ベンド、ワープ、凝ったブレイクやハーモニックプログレッションを、思いのまま作り出せます

音楽のマジック
FLESHの操作は簡単です。最大12のサンプルをロードでき、各サンプルのトランジェントと周波数特性を分析します。この情報は曲線に変換された後、4つのオーディオエンジンに送信され、新しい音声として生成されます。これらの処理は全てバックグラウンドで行われ、その結果、元の音素材を活かしたまま、自然でダイナミックなリフやグルーブを作ることができます

SAMPLE ENGINE

flesh2

Sample Engineを使用してサンプルの音声特性そのものを変化させることができます。長さを短くしてよりパーカッシブに、また単調なサウンドにモジュレーションをかけてライブ感を出すといったことが可能

MONOSYNTH ENGINE

flesh3

このシンセはオリジナルサンプルを元にウェーブテーブルを再構築します。例えば、このエンジンではサンプルをモノフォニックシークエンス、またはリードに変化させることができます

POLYSYNTH ENGINE

flesh4

共振するグラニュラーシンセで、入力音声をハーモニーの基礎となるコードに変化させます。また音声を重ねて太いモノシンセラインを作ることも可能です。

SUBSYNTH ENGINE

flesh5

バンドリミットサブジェネレーターにより、モノシンセピッチ、またはポリシンセピッチのどちらでも、その入力ピッチ信号を元にしたベース周波数を生成します。

MODULATION PAGE

flesh10

モジュレーションページでサウンドに動きを加えることができます。モジュレーションソースを選択し、LFO、エンベロープ、モジュレーションホィールで、サウンドを繊細かつ極端に変化させてみましょう。

ェネレーターにより、モノシンセピッチ、またはポリシンセピッチのどちらでも、その入力ピッチ信号を元にしたベース周波数を生成します。

EFFECTS SECTION

flesh6

ドープなダブディレイなどユニークなエフェクトをお試しください。Effects Engineは元のサンプルから抽出した曲線によって変化します。

サンプルページ

最大12のサンプルをドラッグアンドドロップできます。
flesh9

ハーモニーエンジン

flesh7

Macroページ

flesh8

 

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/