WAVES Maxx Bass

昔からあるプラグインなので当たり前すぎて低域の処理をする場合、選択肢から外れている人も多いと思いますが、優れたプラグインであるということは今でも現役ということで証明されています。

元々の発想は低音の鳴らないスピーカーからでも低域に倍音を加える事によりあたかも鳴っているように感じさせるのが目的のプラグインでした。音響心理学で、倍音を聴くと低音が鳴っていると錯覚するのを応用したものです。

その倍音を加えるという部分を応用して無い音を加えるという一歩前進した使い方が主流になってきていると思います。例えばキックのLow-Mid成分EQで持ち上げてパンチを出したいと考えた場合、そのLow-Mid成分の帯域に音がなければいくらEQで持ち上げても何も起こりません。

そういう場合にMaxx Bassで倍音を加えるというテクニックが役に立ちます

ない音を加えるというテクニックを知っていると音作りの幅が広がると思います。

ビンテージ機材、またそのモデリングプラグインが流行ったのはその機材を通すと元々なかった音が加わる(倍音や歪み成分)理由が大きいと思います。(それを音がつややかになるとか、音が太くなると表現します

maxxbass2

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

 

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/