WaveLab_9-11

作業を効率化する新しい GUI

WaveLab_9-12

Ver. 9 ではユーザーインターフェースを根本から見直し、より素早く、快適な作業のための GUI に一新されました。

最も使用頻度の高い機能と波形エディターを中央のタブエリアに配置。また上部のツールウィンドウには多彩なメーターディスプレイ、エラー訂正機能、マーカーなどを装備します。マスターセクションもまたレイアウトを一新すると共に、機能を大幅に向上しています。

用途に応じたレイアウトのカスタマイズがさらに自由になりました。ウィンドウの透過率、スライド動作も設定可能です。

プロジェクトを整理

WaveLab_9-14

WaveLab Pro 9 ではまた、プロジェクトで使用する数多くのオーディオファイルやオーディオモンタージュをそれぞれグループ化可能です。大規模なマスタリングプロジェクトにおいても、新しいプロジェクトマネージャーによってプロジェクト全体をツリー表示でき、ファイルグループ、オーディオファイル、オーディオファイルを見渡すことができます。

新しいドッキングシステム

毎日使うソフトウェアには、機能的なレイアウトであることが重要です。WaveLab Pro 9 は今日のマルチモニター環境にもよりマッチした、新しいウィンドウドッキングシステムを採用し、これまでより一層レイアウトの自由度を高めました。フローティングしているウィンドウをドラッグすると WaveLab は小さな矢印を表示し、どこにドッキング可能か示してくれます。また任意のメーターを選んで集中表示できるコントロールウィンドウも、最大で4つまで表示可能になりました。

マスターセクション

エフェクトスロットは12に拡大。あなた独自のプラグインマスタリングチェーンを自由に構築できます。

さらに、すべてのプラグインスロットにチャンネル処理を Mid/Side を含んで独自に設定できるため、お気に入りのプラグインをステレオ、モノラル、M/S など自在に適用することが可能です。また、オーディオチャンネル全体のモニタリングも M/S に対応しました。

新しくなった Resampler により、ファイルを再生しながら直接、異なるサンプリングレートで聴き比べることができます。

WaveLab_9-15

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/