1176にはスレッショルドをコントロールするノブがありません。
スレッショルドより小さい音は持ち上げ、大きい音は押さえるという仕様になっています。
ボーカルの録りで使われるのはこのためです。(ソリッドな音質も加わえるという目的もあります)

ボーカルトラックににインサートする場合、もちろんこれといった答えはありませんが、
インプット、アウトプットはいわゆる11時1時設定が基本と言われています。

1176-2

アタックノブは右に回すほど早くなります。なぜか普通のコンプと反対回りです
一番右で20msec、一番左で800msecです
エンジニアさんの設定を見ているとアタックは3〜5の間で設定している人が多いです。

リリースノブは一番右が20msec、一番左で1100msecです
6〜7の間で比較的早めに設定する人が多いです。

レシオはバラードやアコースティック系でダイナミクスを大きくしたい場合は4
ダンスミュージックのようにオケに負けない設定にしたい場合は8にすると良いと思います。

1176-3

以上はごく基本的な設定です。ボーカリストが一人一人違うように設定もそれぞれ
変わってくると思います。
幸いプラグインが発達して、スタジオの時間を気にせず自宅でじっくり調節できる時代なので、
色々と試してみると良いと思います。

 

作曲・DTM教えます
詳細はこちら http://masaag.net/compose_dtm/

 

楽曲・アレンジのご依頼はこちら http://masaag.net/make_music/